クラックが外壁に与える影響について

query_builder 2024/04/15
コラム
19

「クラック」とは、外壁に発生する亀裂やひび割れを意味します。
クラックが発生すると、具体的にどのような影響があるのでしょうか。
今回は、クラックが外壁に与える影響について解説します。


▼クラックが外壁に与える影響
■外壁材の劣化
外壁にクラックが生じると、ひび割れた部分から雨水が浸入してきます。
水に弱い性質のモルタルや金属を使用しているサイディングの場合、外壁材そのものにダメージを受けてしまうでしょう。
■建物の強度が低下
建物の外壁を仕上げるにあたって、木材を使って下地をつくる場合があります。
下地部分を「木部」と呼びますが、木材もまた水に弱いのが特徴です。
そのためクラックから水が入り込むと木部が腐食してしまい、建物全体の強度に大きな影響を与える恐れがあります。
■シロアリの発生
シロアリは湿気の多い場所を好み、湿った木材をエサにします。
雨水が染み込んだ木部は、シロアリにとってはエサが蓄えられた絶好の住処です。
湿った木材の中をスカスカに食い荒らした後は乾燥した部分に移動し、さらに被害を広げていきます。
シロアリの発生に気づいた時には、すでに柱やハリが空洞になっている恐れもあるでしょう。


▼まとめ
外壁に生じたクラックは「外壁材の劣化」「建物の強度が低下」「シロアリの発生」などの影響を与えます。
外壁はもちろん、建物全体の寿命を著しく縮めてしまうため注意が必要です。
森町で「外壁のクラックが気になる」とお困りの方は『塗装相談センター』にお任せください。
多くの実績を持つベテランの職人が、細部にまでこだわって工事を行います。

NEW

  • 無機塗料とは

    query_builder 2024/02/08
  • 外壁の仕上げにはどんな種類がある?

    query_builder 2024/05/15
  • 外壁のメンテナンス方法とは?

    query_builder 2024/05/08
  • 外壁にダメージを与える要因とは?

    query_builder 2024/05/01
  • 外壁にクリア塗装を塗る際の注意点とは?

    query_builder 2024/04/22

CATEGORY

ARCHIVE