雨漏りが体に及ぼす影響

query_builder 2024/02/25
コラム
7

雨漏りが発生しても、業者選びや予算を理由に補修を後回しにしていませんか。
補修せずに放置しておくと家の劣化を招くだけでなく、体にも悪影響を与える場合もあります。
本記事では、雨漏りが体に及ぼす影響について紹介しますので、参考にしてみてください。


▼雨漏りが体に及ぼす影響
■アレルギー症状が出やすい
雨漏れが原因でカビやダニが繁殖し、アレルギー性鼻炎や気管支喘息などが起こる場合があります。
またカビを餌にする害虫の繁殖により、さらに症状が悪化する可能性もあるでしょう。
特にお子様はアレルギーを発症しやすいので、注意が必要です。
■体調不良になりやすい
建物内の湿度が高いと不快感を感じるだけでなく、体の不調をきたす可能性があります。
湿度の高い部屋にいることで血液の循環が滞りやすく、むくみや倦怠感を感じる原因になるでしょう。
また自律神経が乱れ、不眠やめまいを引き起こすこともあります。
■精神状態が不安定になる
雨漏りは一度起こると、繰り返し発生するケースが多いです。
壁や天井にシミが増えたりカビのにおいがしたりする状態が続くと、ストレスを感じやすくなります。
また家の状態が悪いと不安を感じやすく、精神状態が不安定になる場合もあるため、雨漏りは早めに補修しておくと安心です。


▼まとめ
雨漏りが原因でダニやカビが繁殖し、アレルギー症状が出る場合もあるため注意が必要です。
湿度の高い状態が続くと、血液の循環が滞ったり自律神経が乱れたりしやすく、体の不調をきたす可能性があります。
また、雨漏りが繰り返し発生することでストレスを感じやすく、精神状態が不安定になってしまう場合もあるでしょう。
森町にある『塗装相談センター』では、経年劣化でトラブルが発生した外壁や屋根の塗り替え工事を行っています。
塗装に関することでお困りの方はに、お気軽にご相談ください。

NEW

  • 無機塗料とは

    query_builder 2024/02/08
  • クラックが外壁に与える影響について

    query_builder 2024/04/15
  • 外壁のカビ対策について

    query_builder 2024/04/08
  • 下塗り塗料の種類とは?

    query_builder 2024/04/01
  • 外壁塗装における下地処理の役割とは?

    query_builder 2024/03/28

CATEGORY

ARCHIVE